• ホーム
  • 社労法務マイナンバーConnectとは?

社労法務マイナンバーConnectとは?~マイナンバー付加申請への対応~

マイナンバーに対応するシャルフのコンセプト

日本シャルフのマイナンバー保管システムに対する考え方は、

「クラウドに保管しなければならない」「事務所内での保管は絶対ダメだ」といったものではなく、

顧問先の要望、管理コストとのバランス、保管場所に左右されないなど様々なものに対応できる

システムが必要であると考えました。

現在お使いの「社労法務システム」の使い勝手はそのまま、安全かつ確実にマイナンバーを利用した手続き業務等を

行うためには、社労法務システムのデータベースとは別にマイナンバー専用データベースの設置が必要であると考え、

多くのマイナンバーデータベースと社労法務システムをConnect(つなぐ)するアプリケーション

社労法務マイナンバーConnect.」(以下マイナンバーConnect)を開発致しました。

マイナンバーConnect.とは?

マイナンバーデータベース(マイナンバーデータの保管先)と労法務システムを連携するアプリケーションです。

「社労法務システム」にてマイナンバー付きの電子申請を行う または、マイナンバーを自動付加した届出書を作成する

 ためには、「マイナンバーConnect.」のご契約が必須となります。

「マイナンバーConnect.」には、マイナンバーを管理するマイナンバー専用データベース(マイナンバーBOX)を

標準装備しており、以下の環境内でマイナンバーを保管していただきます。

・ローカル環境(自社内サーバーまたはパソコン内)

・クラウド環境(社労法務ASPサーバー)

・クラウド環境(提携企業サーバー)※『マイナンバーConnect.』がAPI連携し、クラウド保管サービス提携企業サービスを保管先として選択していただくことも可能となっております。

「マイナンバーConnect.」機能一覧につきましては、こちらからご覧下さい。

保管先の選択について

1.顧問先ごとにマイナンバー保管先を選択でき、顧問先の状況にあったご提案が可能となります。

2.保管先は、クラウドサーバーでも、ローカルデータベースでも、選択ができます。

収集の安全性について

1.クラウド保管サービスの場合には、オンライン収集が可能となります。(シャルフASPを除く)

2.社労士/企業ご担当者が収集する場合は、CSVによる一括入力や直接入力する画面をご用意します。

利用時における管理について

1.利用時における漏えい管理や目的外の使用ができないといった措置など、徹底管理を行ないます。

2.システムログや利用実績を記録いたします。

3.手続き書類の作成事務を行う必要がなくなったデータと情報は、法令で定められた保管期間の経過後、速やかに

 一括削除する事が出来ます。

Copyright (C) 株式会社日本シャルフ マイナンバーポータルサイト All Rights Reserved.